オナニー

毎日のオナニーでテクノブレイクに?理想の頻度や回数は?

管理人

男性なら一度は、理想のオナニーの回数や頻度について気になった事がありますよね。

3日に1回、週に1回、月に1回とオナニーをする回数は人によって様々です。
オナニーが中毒になっていると毎日のようにしてしまっている人もいると思いますが、実はオナニーのやりすぎには危険性があるのです。
そこで今回は、オナニーをし過ぎると起こるデメリットと理想のオナニーの頻度について調査してみました。
安心してオナニーライフを送りたいと思っている人は是非参考にしてみて下さい。

男性のオナニーの回数・頻度を調査


日本人の男性は、実際にどのくらいの回数や頻度でオナニーをしているのか調べてみました。
デリケートな内容になるので、匿名で投稿されたインターネット上のリアルな調査データを元に紹介していきます。

1週間のオナニー頻度は全国で約3回

全国の男性は、1週間の内に「約2.94回」オナニーをする事が分かりました。
このアンケート結果から多くの男性が定期的にオナニーを行っている事が分かりますね。
調査は15歳から64歳の男性2,000人を対象としており、幅広い年齢の方が答えているデータになります。

若い人ほどオナニーの頻度が多い

別の会社が調査したデータでは、若い人の方がオナニーをする回数が多い事が分かりました。
10代は約40%、20代では約25%の男性が毎日オナニーをしています。
若い人は高齢者に比べて、体力が有り余っているので、性欲が強くなる傾向があるのだと思います。
参照:「最近の若者は恋人とセックスをしなくなっている」という指摘 - GIGAZINE

男性の理想のオナニー回数は?


続いて、男性が行う理想のオナニー回数について調査してみました。
一体どのくらいの頻度でオナニーを行えばいいのかを詳しく紹介していきます。

月に「21回」が理想の射精頻度

男性は月に「21回」射精をする事を推奨されています。
なぜなら、月に21回以上射精を増やす男性は「前立腺がん」になるリスクが減るからです。
前立腺がんは進行が遅い病気で、特に高年の男性が注意すべき病気の1つだと言われています。
男性の変わったオナニー方法!はコチラ

湿布オナニーは気持ちい?変わったオナニー7つの方法を紹介

最低でも2~3日に1回はオナニーをする

月に21回射精をするには、2~3日に1回は射精をしなければいけません。
射精をすればいいのいで、オナニーじゃなくセックスでも問題ありませんが、パートナーや風俗に行くお金がない方には、自宅で気軽にできるオナニーがオススメです。
結婚して家庭を持っていて中々夫婦生活がない男性は、余った時間を用いてオナニーをしましょう。
男性の気持ちいオナニー方法!はコチラ

男性の気持ちいオナニー方法9種類とやり方を紹介!

毎日オナニーをする事で起きるデメリット5つ


次にオナニーをやり過ぎた時に起こる「デメリット」について紹介していきます。
冒頭でも話した通り、オナニーのやり過ぎには危険性があります。
「毎日オナニーしてるけど大丈夫かな?」と不安になっている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

1.髪の毛が薄くなる

オナニーのやり過ぎは、薄毛に繋がってしまいます。
なぜならオナニーで射精をしてしまうと、頭皮に送られるはずの成分「タンパク質」と「亜鉛」が消費してしまうからです。
適度なオナニーなら問題ありませんが、あまりにもオナニー回数が多いと、その分だけ頭皮に運ばれる栄耀が無くなってしまいます。
参照:オナニーのしすぎはハゲる? 水道水は髪に悪い?――薄毛の噂 ウソ・ホント | 日刊SPA!

たんぱく質は食品から簡単に補給できる


人間の髪の毛は、たんぱく質で構成されています。
なので、たんぱく質をしっかり摂る事が薄毛の防止に繋がるのです。
たんぱく質を多く含む食品は、無脂肪牛乳、納豆、ツナと一般的な家庭でも摂取しやすいので、意識的に摂っていきましょう。

亜鉛は精力剤サプリでの補給がオススメ

もう1つの栄養成分「亜鉛」は、薄毛の原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の分泌を抑える事ができます。
しかし、亜鉛は普段の食事から摂取るのは難しいので、手軽に補給できる「精力剤サプリ」を飲む事をオススメします。
精力剤サプリには亜鉛以外にも、髪の成長に重要なホルモン「テストステロン」の分泌を高める「シトルリン」なども配合されているので、様々な男性機能向上の効果に期待ができます。

2.肌が荒れる


実はオナニーと肌荒れには関係性があります。
オナニーのやり過ぎると分泌される「ジヒドロテストステロン」は、男性の肌荒れを生み出すのです。
毎日オナニーをしていると、肌があれてニキビができたと経験をした事がある男性は「ジヒドロテストステロン」が原因です。

ストレスも肌荒れの原因に

肌が荒れてしまう原因は、オナニーだけではありません。
肌の不調は、ストレスが原因で引き起こす事もあります。
なので、オナニーを我慢してストレスを抱えてしまうと、逆に肌荒れになってしまう事もあるのです。

適度なオナニーで肌荒れを改善


オナニーはやり過ぎも我慢もよくありません。
なので、適度にオナニーをして性的興奮を安定させる事も大事です。
先ほど紹介したオナニーの理想回数「21回」を目安に、定期的にオナニーを行いましょう。

3.元気がなくなる

オナニーをやり過ぎると、気持ち的にも体力的にも元気がなくなってしまいます。
男性は射精をすると「賢者タイム」という気の抜けた状態に入ってしまいます。
毎日オナニーをしてしまうと、この賢者タイムを何回も繰り返す事になり、気持ち的に浮き沈みの激しい状態が続いてしまうのです。

ネガティブになり行動力が下がる


毎日オナニーをして気分が下がってしまうと、行動力も下がりマイナス思考になってしまう恐れもあります。
「気分が落ち込む」という状態が続くと、鬱に繋がる可能性も出てくるの注意が必要です。
参照:軽症のうつ病の症状とチェック方法、基本的な治療、効果的なセルフケアを紹介 | NHK健康チャンネル

オナニーの回数を減らすだけで元気は戻る

毎日のオナニーで元気を失う事を恐れている人は心配いりません。
オナニーを数日我慢すれば、オナニーで失った体力は回復するので、気分的にも通常時の状態に戻すことが出来ます。
実際にオナニーを我慢する行為「オナ禁」を数日行っただけで、元気が出てくるなどの報告もあります。

4.射精障害になる可能性がある


オナニーのやり過ぎで起こる最大のデメリットが「射精障害」です。
射精障害になってしまうと、思い通りに射精する事ができなくなる為、セックス時に女性とトラブルになってしまう可能性も出てきます。
症状があまりにもひどいと、病院に通院しなければいけない場合もあるので注意が必要です。

強い刺激を与えている方は要注意

オナニーをしている時に、強い刺激をペニスに与えている人は注意が必要です。
なぜなら、刺激の強いオナニーを頻繁に行っていると、強い刺激じゃないと射精できくなってしまい、遅漏に繋がる可能性があるのです。
今まで強い刺激のオナニーを毎日している方は、刺激の弱いオナニーに変えて回数を減らして行いましょう。
オナニーで筋トレ効果が下がる?はコチラ

オナニーで筋肉や筋トレ効果が下がる?原因4つを調査

チントレで射精障害を改善する


既に強い刺激でオナニーをしている方は、普段しているオナニーをチントレに変えてみましょう。
チントレは早漏や遅漏などの射精障害の改善に有効で、快感を得る事もできます。
毎日継続して行えば、ペニスの増大にも期待ができるのでオススメです。
チントレの効果とやり方を紹介!はコチラ

チントレ方法7つ!効果的なやり方を紹介

5.テクノブレイクのリスクもある

実はオナニーのやり過ぎは「死亡」に繋がる事もあるのです。
オナニー中に死亡する事を「テクノブレイク」と呼ばれており、オナニーによるホルモンの過剰分泌が原因で起きてしまいます。

死者は年々多くなっている

近年ではテクノブレイクが多発しています。
テクノブレイクを起こす方は、1日で10回以上のオナニーを行っているとされており、死者は年々多くなっているみたいです。
参照:テクノブレイクとは?”オナニーで死ぬ”は本当なの? 医師語る

特に高齢者は注意が必要

高齢者は若い人よりも体力が低下しているので、特に注意しなければいけません。
若者よりも少ない回数のオナニーで死亡するケースもあるので、気をつけて行いましょう。

まとめ

管理人

毎日のオナニーは、デメリットが多く危険性もあります。

なので、理想の射精回数「21回」を目安に普段のオナニー生活を見つめ直す事が大事になってきます。
また、出来るだけ早く彼女を見つけて、性欲のはけ口をセックスに変えるのも一つの手だと思います。

-オナニー

Copyright© ピコパコ , 2020 All Rights Reserved.