夜の営み

中折れの原因5つと改善方法!床オナとアルコールは注意!


管理人
管理人

こんにちわ「ピコパコ」管理人の槍田(@pico_pako)です。


性欲はあるのに、何故かセックス中に中折れしてしまう。
そんな悩みを抱えていませんか?
年齢を重ねてくると、男性なら誰しも気になりだすのがセックス中の「中折れ」です。
中折れは加齢がきっかで多くの男性が経験する事だと思われていますが、実はその他にも原因があります。
今回は中折れの原因5つと、その改善方法を紹介してきます。
中折れで心配している男性は、是非参考にしてみて下さい。

そもそも中折れとは?


「中折れ」とは、セックス中に男性のペニスが萎えて、勃起の維持ができなくなってしまう事です。
女性の膣に挿入できる程の勃起力がなくなってしまうので、セックスが途中で中断してしまいます。
若い男性で中折れを経験してる人は少ないと思いますが、18歳を超えた辺りから精力は低下していくので、多くの男性は気をつけなければいけません。

「中折れ」は40代から多くの男性が経験

40歳を超えた辺りから、6割の男性が中折れで悩んでいるというデータもあります。
50歳を超えると、その数値はぐんと上がり約7割の男性が経験しています。
なので「まだ軽い症状だから…」「若いから大丈夫」と放っておかず、中折れの原因と改善方法を理解しておきましょう。
参考:「中折れ」について|竹越昭彦院長コラム【浜松町第一クリニック】

パートナー(女性)は落ち込む

女性は男性に中折れをされると、気分的に落ち込んでしまいセックス中に嫌なムードになります。
「自分の体では興奮できないのかな?」と自信を失ってしまうので、当然ですよね。
なので、自分はもちろん、パートナーの為にも男性は中折れを改善しなければいけません。

中折れの原因1.「オナニーの方法が間違っている」


1人でオナニーをする時は射精できるのに、いざセックスをしようとするとイケない男性がいます。
その原因の多くは、普段のオナニーの方法が間違っているのです。

「床オナ」などの激しいオナニーは注意が必要

激しいオナニーは注意しなければいけません。
特にうつぶせ状態のまま、床にペニスを擦りつけて刺激する行為「床オナ」は危険です。

床オナの問題点

床オナは普通のオナニーよりも強い刺激を与える事ができるので、より快感を感じる事ができますが問題点が1つあります。
それは、ペニスが強い刺激に慣れてしまって、セックス時の女性の膣では快感を得ることができなくなる恐れがあるのです。
なので、床オナをやってる方は今すぐにやめて、正しいオナニーをして快感を得ましょう。
毎日のオナニーは危険?理想の頻度や回数は?はコチラ

毎日のオナニーでテクノブレイクに?理想の頻度や回数は?

ED(勃起不全)になる恐れも

中折れ以外にもED(射精障害)や包茎の原因になる可能性もあります。
オナニーをする時は、正しい方法を学んでから行うようにしましょう。

ペニスへの刺激は優しく

オナニーをする時は、ペニスへの刺激は優しくしましょう。
床オナはもちろん、普通のオナニーをする時でも刺激が強すぎるのはペニスを傷つけてしまう恐れがあります。
オナニーをする際はペニスを指で包み込み、指の腹で優しく刺激するのがちょうどいいです。
オナニーは単なる性欲の発散ではないので、セックスのための実践トレーニングだと思って、普段から正しい方法を心がけることが大事です。

中折れの原因2.「日頃のストレス」


精神的なストレスがかかってしまうと、中折れのリスクが高くなってしまいます。
また、精神的ストレスが長い期間続くと、男性ホルモンである「テストステロン」を減少し、人によってはうつ病になるリスクもあります。
急にではなく、少しずつでもいいので心に余裕を持つことが大事なのです。

仲のいい人と時間を過ごす

日常にストレスを抱えている方は、仲の良い友人や恋人と楽しい時間を過ごしましょう。
楽しい空間でリラックスした状態で過ごすと、ストレスが低下し心のバランスを正す事ができます。
なのでストレスが溜まった時こそ、積極的に友人や恋人とコミュニケーションをとる事が大切になってくるのです。
コミュニケーションは、自分だけではなく周りにも良い影響を与える事ができますからね。

しっかりと睡眠をとる

日頃からしっかりとした睡眠をとり、睡眠の質を上げることで、心のストレスは減っていきます。
しっかりとした睡眠を取らなかったり、上手く寝付けなかったりすると、睡眠不足になり精神的なストレスがかかってしまうのです。
なので今夜からでも質の良い睡眠をしっかりとって、規則正しい生活を送りましょう。
参考:睡眠は疲労回復の唯一のチャンス!|オフラボ

中折れの原因3.「年齢による衰え」


男性は年齢が経つごとに体が劣ってしまい、筋力や基礎的な体力が低下してしまいます。
体が劣ると、セックス時の挿入中のピストン運動も低下してしまうのです。
また、年齢と共に性欲も低下し精子の数や精液が減少しますので、何かしらの対策が必要になってきます。

適度な運動をする

継続的に適度な運動をすると、体の血行がよくなり中折れの改善はもちろんダイエットや肥満予防にも効果大です。
40代で運動不足になってしまうと、60歳を超えたあたりから、普通の人よりも「脳みそが萎んでしまう」というデータも出ています。
脳みそが萎んでしまうと認知症の発病リスクも高まってしまうので、普段から軽い運動でもいいので意識してみましょう。

精力剤サプリに頼る

生活習慣を見直しても成果が出ない、もっと早く中折れを改善したい人は、精力剤サプリメントに頼るのがオススメです。
精力剤サプリメントは、中折れ防止はもちろん、男性の更年期障害や健康維持にも有効です。
「飲み続けたら効果を感じることができた」と言っている人もたくさん見かけるので、気になった方は購入を検討してみて下さい。
中折れ防止サプリの選び方は?ランキング発表はコチラ

中折れ防止に効く精力剤サプリは?ランキングと効果を発表

中折れの原因4.「過激な飲酒」


実は中折れと飲酒には深い関連性があります。
アルコールの過剰摂取してしまうと、中折れを起こしてしまう可能性があるのです。
また、中折れ以外にも発熱や腹痛、最悪「ガン」になってしまう恐れがあるので注意が必要です。

過度なアルコールを控える

一日のアルコールの推奨されている量は、平均で「約20g程度」と言われています。
この20gを市販で売っているアルコール飲料に換算すると、以下の数値が目安となります。

  • ビールは中びん1本(500ml)
  • 日本酒は1合(180ml)
  • ウイスキーはダブル1杯(60ml)
  • 焼酎0.6合(110ml)

参考:飲酒の基礎知識|公益社団法人アルコール健康医学協会
1日のアルコール量が増加するに従い、様々な健康被害が報告されていますので、飲酒する方は注意して飲みましょう。

特にセックス前は注意

アルコールを飲むタイミングも重要となっており、特にセックスをする前はアルコールを控えましょう。
なぜなら、お酒を飲んでアルコールが体内で分解される時に、肝臓に血流が多く流れるため、ペニスへの血流量が足りなくなるのです。
もちろん適度なお酒の量であれば問題ないので飲んでも大丈夫です。
アルコールは気分を良くし、男女のムードを高くしてくれるので、セックスがより盛り上がりますからね。

中折れの原因5.「食生活の乱れ」


食事は健康的な体を作る材料のようなものです。
忙しさに負けて、偏りがちな食生活をおくると、身体や男性機能を維持するための栄養が不足し、様々な悪影響が出てしまいます。
特に高脂肪食や塩分の多い食生活は避けなければいけません。

バランスの良い食事を心がける

朝昼晩、三食バランスの良い食事を心がけましょう。
バランスの良い食事とは、ごはんを主食として魚や肉、野菜・果物、海草などをバランスよく合わせた食事のことです。
また、大豆食品は血流の改善効果を持っているので、先程紹介した食材と一緒に組み合わせるとなお良しです。

精力アップ効果のある食べ物を食べる

精力を上げる効果を持つ食材を意識して食べる事で、中折れを防止するの効果的です。
特に男性ホルモンを増やす「セロリ」や精力パワー抜群の「ニンニク」をバランスよく摂ることで、より早く活力やペニスの変化に気づくでしょう。
普段の食事から少しだけでもいいので意識してみましょう。
精力アップの効果がある食べ物10選を紹介はコチラ

精力アップにはシトルリン?増強効果がある食べ物10選

まとめ

管理人

男性が中折れをしてしまうと原因を大きく5つに分けて紹介しました。

どれも今日からできる改善方法なので、薬や病院に頼る前に一度試してみてはいかがでしょうか。
中折れは、男性はもちろんパートナーである女性も傷付いてしまいますからね。

-夜の営み

Copyright© ピコパコ , 2020 All Rights Reserved.